クラウドファンディング WESYM(ウィシム)は誰もが参加できる夢を形にする「プロジェクト支援プラットフォーム」です。「応援」「支援」「参加」して、あなたの夢を実現しましょう!

末松佳子、カヌーフリースタイル日本代表の世界挑戦を応援ください。

末松佳子、カヌーフリースタイル日本代表の世界挑戦を応援ください。

1390893497122158
Thanks!

このプロジェクトは終了しました。
たくさんの応援ありがとうございました。

このプロジェクトについて

こんにちは。私は末松佳子といいます。岐阜県に生まれ、今も住んでいます。近くには長良川という川が流れ、一歩踏み入れると豊かな自然が広がる場所です。私は、ここを拠点に、カヌーのフリースタイル競技の選手として、国内の大会に参加したり、ワールドカップに日本代表として出場したりしています。


4月28日、山形県朝日町で開催された日本カヌーフリースタイル選手権大会のカヤック女子一人乗りで初優勝し、9月に米国ノースカロライナ州で開かれる世界選手権代表に内定しました。これまで支えてくれた人々のためにも、世界の舞台でメダルを獲得するべく、地元の長良川でトレーニングを続けています。


三姉妹の長女として生まれた私は、長男が欲しかった父親の影響で、幼い頃からトレッキングシューズ、鮎釣り竿を与えられ、山、川に連れ回されて育ちました。小学校から高校まではバレーボールの選手としてボールを追い続けました。でも、20歳を過ぎて、「私はずっとこの田舎で暮らしていくんだろうか?」という疑問を感じ、一度は故郷を離れて就職活動をするも、すぐにアウトドア生活と故郷を愛する気持ちが抑えられなり、結局、都市でのOLデビューすることなく23歳で帰ってきました。


体力には自信があったので、しばらくは近所のラフティングツアー会社でガイドをしながら生計を立てていました。そしてある日、川を自由自在に動き回るカヌーを見掛けたのです。「これだ!」と直感した私は、中古のボートを手に入れ、ラフティングツアーの同僚にも習いながら夢中で漕ぎ始めました。そして、2009年、日本カヌーフリースタイル選手権大会で、初出場ながら3位入賞し、日本代表権獲得したのです。


カヌーフリースタイルは、激流で1人乗りのボートを操り、45秒間に回転やジャンプなどの技を繰り出して競う競技です。一寸先の川の流れを読みながら、自分とボートとが一体となったような感覚で、一本のパドルを操って思い通りの動きをできた時は最高の気分です。すっかり日焼けし、男子顔負けの豪快な漕ぎで、他のパドラー達から、いつしか「中部の黒い虎」と、呼ばれるようになりました(笑)。百聞は一見にしかず。私の技をビデオでご覧ください。



翌2010年には、日本フリースタイルカヤック協会のフリースタイルサーキットで第1位。うち、山形、四国、北陸大会で優勝しました。また、2009年から昨年まで連続で、カヌーフリースタイル選手権とワールドカップ日本代表としてスイス、ドイツ、アメリカなどに参戦。最初の年は予選落ち、翌年は荒天のため大会が中止と残念な結果が続きましたが、2012年のワールドカップアメリカ第2戦ピジョンリバーでは、10位に入ることができました。


と、いうと順風満帆で華やかなキャリアをたどっているようですが、職業は?と問われると、実は、私は会社員なのです。地元の介護老人保健施設で勤務しながら、夜勤明けにそのまま車を運転して川へ出る、という生活を続けています。大会前には、自らハンドルを握り山形まで何往復もすることもあります。体力的にはきつい時もありますが、運命的に出会ったこの競技を通じて名誉ある世界の舞台に挑む機会を得られたことを幸せに思います。この充実感は、カヌーに出会わなければ得られなかったものです。 


2013年のシーズンも、4月の日本選手権で初優勝し、アメリカのノースカロライナで9月に開催される世界選手権に出場できることになりました。


しかし、一地方のアマチュア選手が世界大会に参加するには、遠征やトレーニングの費用は、自ら働いて捻出しなくてはなりません。今年も、世界選手権に日本代表として参戦するとなると、50万円の費用が必要とされます。前回大会の際も、私たちは日本人4人でレンタカーを借り、ルームシェアをして限られた費用でやりくりしました。


私は、地方に住んでいても、生計を立てるための仕事との二足のわらじでも、世界で戦えるんだということを証明したい。そして、この国でも競人口が増えて、1人でも多く、私と同じような楽しみ、喜び、充実感を味わってもらえるようになればいいなと思います。日本では、山や川などの自然を舞台にした運動は、子どもには危ないからさせられない、大人になっても興味はあってもどうしたらいいかわからず手が出ない、という人も多いと思います。私自身が活躍することが、多くの人のきっかけになればいいと思います。


また、競技と並行して、岐阜県美濃市と協力して、長良川カヌーイベントを企画中です。

多くの方にカヌーと川に親しんで頂けるきっかけを作ることが出きればと願っています。


カヌーフリースタイルはまだ、オリンピックの正式種目ではありませんが、2012年のロンドン大会で、エキジビション競技になりました。もしかしたら、2016年のリオでは、正式競技になる可能性もあるかもしれません。その時には、日本代表でオリンピックに出場することが、大きな夢です。海外では、40歳を過ぎて最前線で活躍している選手もいます。2016年だけでなく2020年も見据えて、そしてメダルを獲れて日本中を元気づけることができたら、これ以上の喜びはありません。


どうぞよろしくお願いいたします。



●2013年スケジュール(一部未確定)

4月28日 日本カヌーフリースタイル選手権大会(代表選考会、山形県朝日町)

5月4日・5日 長良川アウトドアフェスティバル 岐阜県美濃市(プログラムの中のカヌー体験会を担当します。)

6月 JFKA関東大会(埼玉県長瀞町)

7月 JFKA長良川大会(岐阜県郡上市)

9月2日~8日 2013 ICF CANOE FREESTYLE WORLD CAHMPIONSHIPS(世界選手権) www.freestylekayaking2013.com

9月 JFKA四国大会(高知県)

11月JFKA北陸大会(富山県井田川)


もっとみる

リターンリスト: 5種類

コメントを書いて応援するコース

サポーターサポーター 6
Write comment
ミッショナーに励ましのメッセージを送りましょう!
応援コメントを書いて、このプロジェクトに貢献できます。
1,000シード
1/5

末松佳子、カヌーフリースタイル日本代表の世界挑戦を応援ください。

末松佳子、カヌーフリースタイル日本代表の世界挑戦を応援ください。

末松佳子から、日本選手権終了後に、お礼のメッセージをお送りさせていただきます。

プロジェクトは終了しました
3,000シード
2/5

末松佳子、カヌーフリースタイル日本代表の世界挑戦を応援ください。

末松佳子、カヌーフリースタイル日本代表の世界挑戦を応援ください。

私の写真を加工した限定品バッジを、サポートしていただいたしるしとしてお送りします。

プロジェクトは終了しました
5,000シード
3/5

末松佳子、カヌーフリースタイル日本代表の世界挑戦を応援ください。

末松佳子、カヌーフリースタイル日本代表の世界挑戦を応援ください。

私をキャラクター化したコミック風のポストカードに、直筆のお礼を記入してお送りいたします。

プロジェクトは終了しました
20,000シード
4/5

末松佳子、カヌーフリースタイル日本代表の世界挑戦を応援ください。

末松佳子、カヌーフリースタイル日本代表の世界挑戦を応援ください。

初心者、初級者限定。末松佳子が、カヌーに興味お持ちの方に、体験レッスンのお手伝いをします。全くの未経験から競技選手となった末松自身が、当時の気持ちを思い出しながら、一緒に川に出ます。道具のレンタル手配もこちらでします。場所は岐阜県になります。日程は、ご都合のよろしい時期と末松の競技日程を合わせて個別に相談させてください。

プロジェクトは終了しました
30,000シード
5/5

[SOLD OUT] 末松佳子、カヌーフリースタイル日本代表の世界挑戦を応援ください。

末松佳子、カヌーフリースタイル日本代表の世界挑戦を応援ください。

愛用したパドルを1本プレゼントします。

プロジェクトは終了しました
To Top
お使いのブラウザではWESYMの全ての機能を利用することができない可能性がございます。
最新のバージョンにアップデートして頂くことで、より快適にご利用いただけます。