クラウドファンディング WESYM(ウィシム)は誰もが参加できる夢を形にする「プロジェクト支援プラットフォーム」です。「応援」「支援」「参加」して、あなたの夢を実現しましょう!

あなたのシードをリアルシード(丹波の黒豆や新米)でお返しします! 丹波の地域活性拠点”みんなの家”改修プロジェクト

あなたのシードをリアルシード(丹波の黒豆や新米)でお返しします! 丹波の地域活性拠点”みんなの家”改修プロジェクト

1382060473781915
Thanks!

このプロジェクトは終了しました。
たくさんの応援ありがとうございました。

このプロジェクトについて

『丹波の黒豆』で有名な、丹波地域がホンキで挑んでいる地域活性にチカラを!


活動拠点となる”みんなの家”を改修することで、丹波の未来が拓けると信じています。

皆様から"みんなの家"の改修費用のご支援を頂きたく、このプロジェクトを立ち上げました。


●みんなの家のコンセプト

“みんなの家”は、町づくりに意欲的なIターン者を招き入れ、Iターンならではの視点で田舎の課題を解決する事業を起こし、地域を活性化させていくことが目下の目的です。町づくりには“よそ者・若者・バカ者”が必要だと世間では言われますが、みんなの家はまさにそんな人材を募集しています!いわば民間版の地域おこし協力隊!これから課題先進国となる日本全体を、丹波から変えていくための最先端事例となることを目指しています。


●丹波市の現状

みんなの家がある丹波市は、近隣に大学がないので多くの若者が高校卒業と同時に都市部に流出する傾向があります。さらに少子高齢化も重なって生産年齢人口が年々減少しており、中山間地域で限界集落(人口の50%以上が65歳以上の集落)も出てきています。だから管理の手が届かず、耕作放棄地や鳥獣被害、山林・竹林の荒廃など、地域課題は増えるばかり。


みんなの家のある村も30世帯ありますが、もう限界集落化してきております。丹波市よりもっと深い田舎は日本に沢山ありますが、京阪神まで1時間半ほどの位置にある、比較的利便性の高いこの丹波市でさえもう、世に叫ばれる社会課題が顕在化しているのが現状です。



●よそ者・若者・バカ者の必要性

そんな現状だからこそ、丹波は町を元気にしてくれる若者を求めています。だから地元出身で、都市部に出て暮らしている人たちに戻ってきてほしいところですが、彼らの多くは「丹波に帰りたいけど、仕事がないから」等の理由でUターンを諦めています。


そこで私たち“みんなの家”の登場です。


丹波の課題を、“よそ者・若者・バカ者”の視点から焦点を当て、斬新な切り口で解決し、しかもその課題解決を仕事にしてしまえば、田舎でも食べていけるはず。外からの視点で課題を見直すことは、新たな価値を生み出すきっかけとなり、また時としてバカげた視点であったとしても、その視点が突破口になることも多くあるはず。


自分たちが求めるレベルの雇用が無ければ、それを創り出す。こうした私たちの活動が呼び水となり、新たなIターンや、これまで地元に帰るのを諦めていたUターン者が増えれば、この町は必ず元気になるはず!


●“よそ者・若者・バカ者”を受け入れるハコ「みんなの家」が用意されました

丹波に“よそ者・若者・バカ者”が必要だと言っているだけでは誰もやって来ません。そこで、丹波の地域活性に力を入れている現在のオーナー・前川さんが、2013年1月にIターンが住まう家として、そしてIターンが仕事を創り出すためのインキュベーションセンターとして、Iターン専用シェアハウス「みんなの家」を用意されました。ここは以前製材所を営まれていた空き家で、そこには母屋と離れ、それにカラオケ喫茶(←前オーナーのカラオケ好きが高じて自作されました)、製材所、畑がついている田舎でも広めのお宅です。プライバシーを確保しても5,6人は共同生活が可能な日本家屋です。



●みんなの家の活動内容

先述の通り、みんなの家では以下の方向で動き続けています。


・地域に溶け込み、地域の課題を解決していく

・未来の経営者育成

・Iターンの最先端事例となり、日本全国への発信基地となる


【地域に溶け込み、課題を解決していく】

今年1月に開設して以来、「みんなの家」では地元の人たちも集えるような各種イベントを開催したり、またみんなの家の住人は地元の自治会に入会したり、消防団に入団するなど、移住してから短期間で丹波のコミュニティーに溶け込めるよう動いてきました。そうすることで丹波のいろんな地域課題を見つけることができました。さらに今では会社経営者、市議会議員、行政職員、町づくり指導員、ウワサ好きの方々など、多くの情報を持っている方が出入りするようになったので、丹波中の情報が集まるようになりました。


もちろんIターン住人の旧友、つまり都市部に暮らす人たちも多く遊びにやってきます。これで、都市部と丹波をつなぐ情報のハブが構築されるようになりました。


それらの情報を基に、「みんなの家」の住人には、丹波に山積している課題をよそ者視点ならではの方法で解決するような仕組みを作りあげ、それを事業としてマネタイズすることが推奨されています。「田舎には仕事がないから」という理由で故郷に帰らない人も居ますが、田舎にはマネタイズ可能な課題が多く、そして田舎だから固定費も安く済むため、むしろ起業するなら田舎の方がチャンスです。



【未来の経営者育成】

ただ、いきなり起業するのは難しいので、事業立ち上げにあたっては「みんなの家」がサポートを行っています。「みんなの家」では定期的に地元経営者が集う経営塾を開いており、住人にはその塾にオブザーバー参加する権利が与えられています。その経営塾にはMBAを取得している講師の他、公認会計士や弁護士なども塾生として参加しているので、住人は経営者の苦労を知り覚悟を決めるとともに、経営ノウハウを習得することができます。


また地元の商工会や信金も後押ししてくれているので、独立後もいざと言う時には経営をサポートする体制が整っています。


ひとまずの住むところ「みんなの家」で経営能力を身に着け、その間に事業プランを練り、地域課題を解決しながらメシを食えるだけの能力と人間関係を築いていく。今年1月からプレオープンした「みんなの家」では、実際にこの夏までにすでに2人の住人が新規事業の立ち上げを行い動きだしています。


【Iターンの最先端事例となり、日本全国への発信基地となる】

「みんなの家」は地域課題を解決する経営者を次々と輩出していく事業で、いわば民間版地域おこし協力隊が集まる場。これが成功すれば、全国各地の中山間地域にも同様の手法で協力隊を招へいし、行政に頼り切ることなく地域おこしが可能となるかもしれません。


企業V.S.企業であれば、情報は社外秘だから外部に漏らさないことが多いでしょうが、地域と地域は敵対関係にあるわけではなく、最終目標の日本を良くするためにタッグを組める協力関係にあります。だからまずは丹波で成功事例を創り上げ、日本の地域が元気になるような情報を余すことなく発信していきます!日本は地方から元気に!まずは丹波から!

●しかし!そんな「みんなの家」母屋二階の居住スペースが未完成

そんな「みんなの家」は母屋、離れ、カラオケ喫茶があり、基本的に住人は母屋の2階と離れに個別の部屋を持ち、母屋の1階を共有スペースにしようと考えています。

しかしながら実は、母屋の2階の内装が出来上がっていないのです。



今の住人は4人。離れの1階と2階にそれぞれ一人ずつ入居していますが、残り2人は共有スペースになるはずの母屋の1階で暮らしています・・・。

今も一人が入居を希望しているIターンがいるのですが、これ以上の受け入れができず、母屋2階が改修できるまで入居を待っていただいている状況です。


早く母屋2階の改修作業を行えばいいのですが、オーナーの前川さんは自宅の住宅ローンもたっぷり残したまま、このシェアハウスを購入されたので、なかなか改修費が捻出できません。一時は住人たちで改修に挑戦しましたが、素人ではどうしても限界があるのと、日々の仕事で時間を奪われてしまっていて、業者に頼むしかありません。しかし、それには改修費が足りません。。。


地域おこしに挑戦する仲間が、生活しながら学び合える空間となるよう、この家の2階スペースの充実を図りたいと考えております。


●一緒に丹波の活性化をやっていただけませんか?

耕作放棄地を耕す、荒れた竹林を整備する、里山を整備して薪を割ってエネルギーを創出する・・・このような地域活性に私たちIターン住人が注力できるよう、間接的にでも地域活性にご参加いただけないでしょうか。つまり、Iターン住人を受け入れられるように母屋2階の住空間作りにご協力いただきたいのです!


要は、床を張って、壁を作る、ドアを付けるという、いたって普通の空間づくりです。改修費はできるだけ安くできるように、床にはみんなの家の倉庫に積んであった材木を利用します(元々ココは製材所なので、材木が残っていました)。


残りの壁やドアや照明などに必要な材料代と、作業してくれる大工さんへお支払する工賃分を投資いただければ、即ち丹波の継続的な地域課題の解決に大きな一歩を踏み出すことができます。


●あなたのシードをリアルシード(丹波の黒豆)に変えてお届けします!


今回、応援してくださる皆様には、有名な料理漫画等でも取り上げられたほど絶品の「丹波の黒豆」を育て、お届けするプレゼントを企画いたしました!

来年の春先に一口につき1粒のシード(黒豆)をこの丹波の地に蒔き、丹波の黒豆が最も美味しくなる秋の収穫シーズンに収穫し、宅配でお届けするという企画です!※宅配方法はお任せ下さい。



今回のようなイベントを通じて、黒豆をはじめとする栄養満点で美味しい丹波の食と触れ合っていただき、それがきっかけで丹波に足を運んでくださったり、移住して一緒に地域課題を解決していただけたりするとすごく嬉しいです!



来年栽培する黒豆畑の様子は随時ご覧いただけますように、定期的に成長過程をご報告いたします!


●その他にも恩返しはいっぱい!

・ご協力いただいた方全員のお名前を、2階の壁に書かせていただきます。


「みんなの家」の2階の壁に、2階改装にご協力いただいた方全員のお名前を書かせていただきます。しかも、そのお名前を書くために筆を執るのはテレビ出演経験もある書家の薛翔文氏。当然ながら、達筆です!「みんなの家」の存続とともに、ご協力いただいた方は丹波の地域活性にご尽力いただいた方として永遠に語り継がれます!



薛翔文プロフィール:

http://www.minakaku.jp/setsu/profile.html


・5,000シードのご支援をいただいた方には、丹波の旬の野菜or新米をプレゼント!


さらに、5000シードのご支援をいただいた方には、来年秋に黒豆をお送りするタイミングで丹波の旬の野菜or丹波の新米をプレゼントいたします!丹波で一番おいしい季節はダントツ秋で、この季節は観光旅行者でいっぱいになるほど。そんな丹波で一番おいしい秋の味覚をお届けします!



・10,000シードのご支援をいただきました方には、フラワー企画イベント無料ご招待!

この夏、「みんなの家」の第二住人である花ちゃんこと花田匡平氏が「フラワー企画」というイベント事業を立ち上げました。


フラワー企画では、
▶畑を荒らす鹿や猪を狩るマタギさんとひと狩りいくツアーや、

▶里山整備で伐り倒した木に椎茸菌を植え付けて椎茸栽培を体験する原木椎茸ツアーなど、

丹波の課題を魅力に変えて、都市部の方々に丹波を堪能していただいております。


そして毎回自然体験の後は

▶丹波の幸をふんだんに使ったフラワーBBQ

でお腹いっぱい!

今回10000シードをご支援いただきました方々には、このフラワー企画イベントに無料でご招待いたしますので、是非ご一緒に他では味わえない丹波の魅力をご堪能ください!



▶3,000シード

・来年春先に黒豆を1粒蒔いて、秋に黒枝豆としてお届け!(※1)

・薛先生直筆!2階の壁にお名前を記名させていただく(※2)


▶5,000シード

・来年春先に黒豆を1粒蒔いて、秋に黒枝豆としてお届け!(※1)

・薛先生直筆!2階の壁にお名前を記名させていただく(※2)

・黒豆お届け時に季節の旬野菜or新米プレゼント!(※3)


▶10,000シード

・来年春先に黒豆を1粒蒔いて、秋に黒枝豆としてお届け!(※1)

・薛先生直筆!2階の壁にお名前を記名させていただく(※2)

・黒豆お届け時に季節の旬野菜or新米プレゼント!(※3)

・2014年のフラワー企画イベント一つに無料ご招待!(※4)


(※1)黒豆1粒から採れる黒豆の量は約500g前後になります(1つ1つ手作業等の為、多少変動があります)

(※2)ご支援完了時、ご希望のお名前をご指定下さい。ご指定がない場合は、WESYM Myページ>プロフィール内のディスプレイネームにてご記入させていただきます。名前を記入をご希望されない方は、ご支援完了時、その旨ご記入ください。

(※3)ご支援完了時、旬野菜(内容に関してはお任せください)または新米(約2kg)をお選びください。ご指定がない場合は、新米にてお届けさせていただきます。

(※4)ご自宅からの交通費、宿泊費等はご負担の対象外となりますことをご了承ください。


====================================================
プレゼントの発送時期は、今から約1年後の2014年11月頃〜を予定しております。
どうぞ楽しみにお待ちいただけましたら幸いです。
====================================================


今後とも、丹波で地域活性に取り組みたい!というチャレンジャーが現れた際には、このみんなの家が受け皿になりたいと考えております!日本の元気は地方から、まずは丹波から!ぜひご協力ください!

もっとみる

リターンリスト: 3種類

コメントを書いて応援するコース

サポーターサポーター 0
Write comment
ミッショナーに励ましのメッセージを送りましょう!
応援コメントを書いて、このプロジェクトに貢献できます。
3,000シード
1/3

あなたのシードをリアルシード(丹波の黒豆や新米)でお返しします!丹波の地域活性拠点”みんなの家”改修プロジェクト

あなたのシードをリアルシード(丹波の黒豆や新米)でお返しします!丹波の地域活性拠点”みんなの家”改修プロジェクト

【1】来年春先に黒豆を1粒蒔いて、来年秋に黒枝豆としてお届け!(約500g)
(※1)
【2】薛先生直筆!2階の壁にお名前を記名させていただきます。(※2)
=============================
(※1)黒豆1粒から採れる黒豆の量は約500g前後になります(1つ1つ手作業等の為、多少変動があります)
(※2)ご支援完了時、ご希望のお名前をご指定下さい。ご指定がない場合は、WESYM Myページ>プロフィール内のディスプレイネームにてご記入させていただきます。名前を記入をご希望されない方は、ご支援完了時、その旨ご記入ください。

プロジェクトは終了しました
5,000シード
2/3

あなたのシードをリアルシード(丹波の黒豆や新米)でお返しします!丹波の地域活性拠点”みんなの家”改修プロジェクト

あなたのシードをリアルシード(丹波の黒豆や新米)でお返しします!丹波の地域活性拠点”みんなの家”改修プロジェクト

【1】来年春先に黒豆を1粒蒔いて、来年秋に黒枝豆としてお届け!(約500g)
(※1)
【2】薛先生直筆!2階の壁にお名前を記名させていただきます。(※2)
【3】来年秋の黒豆お届け時に季節の旬野菜or新米プレゼント!(※3)
=============================
(※1)黒豆1粒から採れる黒豆の量は約500g前後になります(1つ1つ手作業等の為、多少変動があります)
(※2)ご支援完了時、ご希望のお名前をご指定下さい。ご指定がない場合は、WESYM Myページ>プロフィール内のディスプレイネームにてご記入させていただきます。名前を記入をご希望されない方は、ご支援完了時、その旨ご記入ください。
(※3)ご支援完了時、旬野菜(内容に関してはお任せください)または新米(約2kg)をお選びください。ご指定がない場合は、新米にてお届けさせていただきます。

プロジェクトは終了しました
10,000シード
3/3

あなたのシードをリアルシード(丹波の黒豆や新米)でお返しします!丹波の地域活性拠点”みんなの家”改修プロジェクト

あなたのシードをリアルシード(丹波の黒豆や新米)でお返しします!丹波の地域活性拠点”みんなの家”改修プロジェクト

【1】来年春先に黒豆を1粒蒔いて、来年秋に黒枝豆としてお届け!(約500g)
(※1)
【2】薛先生直筆!2階の壁にお名前を記名させていただきます。(※2)
【3】来年秋の黒豆お届け時に季節の旬野菜or新米プレゼント!(※3)
【4】2014年のフラワー企画イベント一回無料ご招待!(※4)
=============================
(※1)黒豆1粒から採れる黒豆の量は約500g前後になります(1つ1つ手作業等の為、多少変動があります)
(※2)ご支援完了時、ご希望のお名前をご指定下さい。ご指定がない場合は、WESYM Myページ>プロフィール内のディスプレイネームにてご記入させていただきます。名前を記入をご希望されない方は、ご支援完了時、その旨ご記入ください。
(※3)ご支援完了時、旬野菜(内容に関してはお任せください)または新米(約2kg)をお選びください。ご指定がない場合は、新米にてお届けさせていただきます。
(※4)ご自宅からの交通費、宿泊費等はご負担の対象外となりますことをご了承ください。

プロジェクトは終了しました
To Top
お使いのブラウザではWESYMの全ての機能を利用することができない可能性がございます。
最新のバージョンにアップデートして頂くことで、より快適にご利用いただけます。