クラウドファンディング WESYM(ウィシム)は誰もが参加できる夢を形にする「プロジェクト支援プラットフォーム」です。「応援」「支援」「参加」して、あなたの夢を実現しましょう!

時間堂最終公演『ローザ』DVD制作プロジェクト

161103 jknd lasy tpma
Thanks!

このプロジェクトは終了しました。
たくさんの応援ありがとうございました。

このプロジェクトについて

▼こんにちは、時間堂です。

時間堂は演劇をつくる団体です。2016年末の最終公演『ローザ』をもって解散することになりました。最後の公演で、どうしても実現したいけど自力では難しそう…ということが出てきてしまい、クラウドファンディングに初挑戦しています。

▼このプロジェクトで実現したいこと

最終公演『ローザ』を映像に残したい、DVDをつくりたい、と思っています。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

今までの公演でも映像は残してきているのですが、これまでは作った映像を次のイベントで販売して制作費用をあとから補てんする、という方法をとってきました。

しかし今回は最後の公演です。通信販売を続けるとしても、どうしても販売の機会は限られてしまいます。そうすると、せっかくお金をかけてDVDをつくっても、ただ死蔵されることになりかねません。

今までやってきた「会場限定先行予約」も考えましたが、それだと『ローザ』の会場に来られなかった方のお申し込みを受け付けることができません。本番は都合が合わなくて観られない、という方にもDVDをお届けしたい、と考えるとこの方法でも難しいことが出てきます。

そこでクラウドファンディングでいわば「受注生産」のようなスタイルでDVDをつくれたら、費用の問題もご来場できない方の問題も一気にクリア!と考えました。

▼これまでの活動

時間堂は1997年の設立以来、「本公演」と呼んでいる劇場での公演を27回やってきました。最終公演『ローザ』は28回目の本公演にあたります。拠点である東京だけでなく、全国で創作・上演・ワークショップなどを行いました。2014年にはたくさんのひとのちからをお借りして、スタジオ十色庵をつくりました。

『ローザ』は2012年、時間堂が初めて全国ツアーに出かけた際に初演しました。足掛け7か月に亘って7都市で上演し、「俳優の身体と観客の想像力だけで世界を立ち上げる」という時間堂のスタイルを確立した作品と位置付けています。時間堂設立者である黒澤世莉の代表作です。

時間堂の演劇の合言葉は「すごい、ふつうの演劇。ふつうの、すごい演劇」。最終公演ではその真骨頂をお届けします。

時間堂最後の公演をぜひ映像に残したく、ご支援いただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

▼関連ページ

時間堂最終公演『ローザ』 公演情報ページ http://jikando.com/nextstage.html

解散にあたって 全国からコメントをいただきました http://jikandonosusume.tumblr.com/tagged/comment2016

もっとみる

資金使途

  • 撮影・編集・ディスクコピー - 80,000円 × 1 = 80,000円
  • パッケージデザイン・印刷 - 30,000円 × 1 = 30,000円
  • 送料・包装資材 - 250円 × 40 = 10,000円
To Top
お使いのブラウザではWESYMの全ての機能を利用することができない可能性がございます。
最新のバージョンにアップデートして頂くことで、より快適にご利用いただけます。