クラウドファンディング WESYM(ウィシム)は誰もが参加できる夢を形にする「プロジェクト支援プラットフォーム」です。「応援」「支援」「参加」して、あなたの夢を実現しましょう!

アンカースト・インディア ~身分差別に苦しむインドの貧民層が救われる未来を目指して~

アンカースト・インディア ~身分差別に苦しむインドの貧民層が救われる未来を目指して~

10407822 311199179082935 564181482410800664 n
Thanks!

このプロジェクトは終了しました。
たくさんの応援ありがとうございました。

このプロジェクトについて

国際ボランティアグループと救済ボランティア協会(ARV)

インドのシェブル村の23家族が安心して定住できる家を作るため、今年の12月下旬に、世界数カ国から集まったボランティアメンバーからなるグループがインドに向けて旅立ちます。私たち国際ボランティアグループは、アーンドラ・プラデーシュ州を拠点とする非政府団体Association of Relief Volunteers(救済ボランティア協会、以下ARVと表示)と協力してこのプロジェクトに取り組みます。

インド古来の身分制度であるカースト制の身分以下と位置づけられ、不可触民と呼ばれた人々(現在はダリットと呼ばれる)への差別は、カースト制廃止後の今もなお村落部、特にインド南部では根強く残っているにも関わらず、その事実について社会的に軽視され続けています。ARVはこの村落地域の人々の住居支援を行うだけでなく、子供たちの教育や、医療における支援、弁護を行い、人々を力づけています。私たちボランティアグループの目標はARVがシェブル村に23棟の頑丈なコンクリートの家を建てるために必要な資金を集めることです。

ARV創設者のラヴィと村の子供たち

ダリットの現状と救済ボランティア協会(ARV)による支援

シェブル村に住むダリットたちは、カースト制において彼らより上にあたる近辺の村々からも社会的、経済的、政治的に差別されています。家を買ったり、建てたりする余裕がないため、先祖から引き継いだ一部屋しかないわらぶき屋根の小屋に暮らしており、その小屋も洪水、津波、サイクロンなどの自然災害が起こるといとも簡単に壊れてしまうような脆弱な物で、現在多くの村民がホームレス状態です。

シェブルの村民にとってこのような自然災害は肉体的にも経済的にも大損害となるため、ARVは地域の建築家や石工を集めて、どんな天候にも負けない丈夫な家作りを行っています。過去10年間において、ARVの集落形成プロジェクトは3つの村に暮らす100家族への支援を行ってきました。プロジェクトに必要な資金集めをし、国際ボランティアメンバーを現地に招くことで、ARVは安心して暮らせる住まいを提供するだけでなく、村民の自尊心を養い、安全性と将来への可能性を高める手助けをしているのです。

国際ボランティアグループの紹介と現地での活動予定

プロジェクトは12月27日から1月3日までの8日間で行われます。プロジェクトリーダーのエミリー(アメリカ人)とミシェル(台湾人)は日本政府のJETプログラム「語学指導等を行う外国青年招致事業」の一環で日本で英語教師をする傍ら、ARVの活動に参加し、2008年にインドで知り合いました。現在はそれぞれ、アメリカと台湾で暮らしていますが、今回のプロジェクトの共同リーダーになることで最団結します。彼女たちがインドでARVの支援をするのは今回で4回目になります。二人の呼びかけで台湾、アメリカ、日本、ネパールなど世界から20数名のボランティアメンバーが集まりました。

プロジェクトリーダーのミシェル(左)とエミリー(中央)

私たちボランティアメンバーの第一の仕事は、建築家、石工、村の人々と協力して家を作ることです。家の材料である、鉄筋、ブロック、レンガなどを流れ作業で技術者まで運び、頑丈な家を一つ一つ着実に作っていき、仕上げにどんな天候にも負けない塗料を塗り、ドアを取り付けます。

家ができる様子(最後に記録ビデオがありますのでご覧ください。)

また、第二の仕事として、村民との交流の時間を持ちます。インドにおいて差別され、社会的に辛い立場にいるダリットの人たちにとって、ボランティアメンバーと触れ合うことは心の安らぎとなり、苦境を生き抜くための精神力を養うことに繋がります。

「ボランティアメンバーは、ダリットたちと時間を共にすることによって彼らに希望を与えている。
ただ、家を作るだけではなく、家のない者たちの人生を作っているのだ。」
ラヴィ・クマール 人権擁護者、ARV創立者

皆さんのご支援でできること

1,000シード集まると、石工1名のお給料が支払えます。
1,500シード集まると、セメント2袋が購入できます。(一軒の家に大体6袋使用)
2,700シード集まると、窓1つが購入できます。(一軒の家に6つ使用)
3,800シード集まると、ペンキが購入できます。(一軒の家に必要な分量)
5,000シード集まると、セメント6袋が購入できます。 (一軒の家に必要な分量)
8,800シード集まると、ドア1つが購入できます。(一軒の家に2つ使用)
13,200シード集まると、トラクターいっぱいの砂を購入できます。(一軒の家を建てるのに必要な分量)
17,600シード集まると、ドア2つが購入できます。(一軒の家を建てるのに必要な数)
50,000シード集まると、ブロック1050個を購入できます。(一軒の家を建てるのに必要な数)
100,000シード集まると、家一件分のブロック、砂、セメント、窓、ドアが購入できます。
400,000シード集まると、一家族が住める家を建てることができます。

参考動画

家ができる工程を追った動画です。↓↓↓

ボランティアの活動の様子と村の人々の生き生きとした様子をお楽しみ下さい。↓↓↓

CNN香港のスタッフがARVボランティアに参加したときの記録動画です。↓↓↓

 

Building Communities, Connecting Cultures, and Changing Lives

This December, a group of international volunteers will be traveling to the village of Chevuru in Andhra Pradesh, India to build permanent homes for 23 families in need. Our volunteer group will be partnering with the Association of Relief Volunteers (ARV), an Andhra-Pradesh based NGO that empowers marginalized rural communities through outreach, advocacy, education, and the Building Communities project. Our group’s goal is to raise the $12,000 ARV needs in order to complete 23 sturdy steel and concrete houses in Chevuru.

Without the security and comfort of a permanent home, there is no escaping the difficulties resulting from poverty. The Dalit (formerly Untouchable) families living in Chevuru face social, economic, and political discrimination from nearby upper caste villages. They do not have the financial means to buy or construct houses on their own and therefore live in inherited one-room thatched houses which are easily destroyed by floods, tsunamis, or cyclones. Because these natural disasters wreak both physical and financial havoc for the villagers, ARV has teamed with local architects and masons to ensure that the houses they build are strong enough to withstand severe wind, rain, and floods.

In the past decade, ARV’s Building Communities project has provided over 100 families in three villages with much-needed homes and opportunities. By bringing in international volunteers and funding for this project, ARV not only provides shelter, but also generates pride, security, and future opportunities for the communities it serves.

A $25 donation will purchase a window and a bag of cement for a Dalit family's first-ever permanent home. For $50, you can contribute a door and three bags of cement, or, for $100, you can donate five windows to a family's new home.

Please donate what you can to help us reach our goal so that ARV can continue Building Communities far into the future!

 

【讓最底層者,擁有安身立命的家】

達利人,梵文意指「壓傷的、受迫害的子民」,是印度四大種姓之外的階級。

Chevuru村的達利村民與鄰近較高種姓的村民隔離居住,世代遭受經濟、社會、以及政治上的歧視。Chevuru村達利村民多從事勞力密集的農務工作,沒有自己的土地、收入微薄,許多人因生活所需跟地主借貸,而落入近似奴工的勞動狀態。

村民住在以棕梠、土等素材搭建的小屋,每年幾乎都得遭受季節性颶風的肆虐,導致許多房舍岌岌可危。缺乏安身立命的居所,達利人更難脫貧窮的循環和困境。

【當地草根組織的行動】

當地人權組織ARV(Association of Relief Volunteers)是安德拉邦境內的草根組織,服務對象幾乎都是達利人。過去10年,ARV透過國際的捐款得以維持極小編制核心團隊(4人)的運作。本著熱情、社會服務和人權工作的專業以及強大的本土志工動員力,即便資源短缺,ARV仍不間斷地發揮其影響力,協助了眾多安德拉邦境內的達利人以及弱勢族群。透過倡議以及辦工作坊,協助達利人了解自身權益,向政府爭取法定的福利;透過課後輔導計畫,目前在四個達利村裝提供300多名學童教育;並持續與國際志工合作,已在3個達利村落建造超過100棟房舍。

【行動困境】

Chevuru村一共有84戶達利人家庭,目前有64戶家庭接受ARV建房補助,已完成32戶房舍;卻因建屋經費短缺,尚有32戶房舍正處於不同階段的施工狀態,無法完工,亟需外界奧援。

【我們的目標】

因此在2014年12月底,我們──一群來自台灣、美國、日本的國際志工,將與ARV合作,到Chevuru村與當地達利村民一起建造簡易、堅固的住宅。

我們計畫透過網路募資平台、舉辦實體募款活動,募集12,000元美金的造屋基金,幫助23戶達利人家庭完成他們的家園,一同建立安心生活的起點。

您的善款不僅能幫助達利村民擁有遮風避雨的居所,更能從此出發,擁有追求生命尊嚴和無限未來的機會。

もっとみる

リターンリスト: 8種類

コメントを書いて応援するコース

サポーターサポーター 0
Write comment
ミッショナーに励ましのメッセージを送りましょう!
応援コメントを書いて、このプロジェクトに貢献できます。
1,000シード
1/8

感謝のEメール(プロジェクトの写真を2枚添付)

感謝のEメール(プロジェクトの写真を2枚添付)

プロジェクトの写真を2枚添付して、感謝のEメールをお送りします。

お届け予定日: 2015年1月
プロジェクトは終了しました
2,500シード
2/8

感謝のEメール(プロジェクトの写真を5枚添付)

感謝のEメール(プロジェクトの写真を5枚添付)

プロジェクトの写真を5枚添付して、感謝のEメールをお送りします。

お届け予定日: 2015年1月
プロジェクトは終了しました
5,000シード
3/8

オンラインフォトアルバムへのリンク付感謝のEメール

オンラインフォトアルバムへのリンク付感謝のEメール

プロジェクトの写真をオンラインフォトアルバムにして、感謝のEメールと共にお届けします。

お届け予定日: 2015年1月
プロジェクトは終了しました
7,500シード
4/8

感謝のはがきをインドより発送、オンラインフォトアルバムへのリンク付Eメール

感謝のはがきをインドより発送、オンラインフォトアルバムへのリンク付Eメール

インドより、感謝のはがきをお送りします。
また、プロジェクトの写真をオンラインフォトアルバムにしてお届けします。

お届け予定日: 2015年1月
プロジェクトは終了しました
10,000シード
5/8

子供の絵と写真、感謝のはがき、オンラインフォトアルバム

子供の絵と写真、感謝のはがき、オンラインフォトアルバム

チェブル村の子供の描いた絵と子供の写真、感謝のはがきをインドより発送、オンラインフォトアルバムへのリンク付Eメールをお送りいたします。

お届け予定日: 2015年1月
プロジェクトは終了しました
20,000シード
6/8

キーホルダー、子供の絵と写真、感謝のはがき、オンラインフォトアルバム

キーホルダー、子供の絵と写真、感謝のはがき、オンラインフォトアルバム

インドのキーホルダー1つ、チェブル村の子供の描いた絵と子供の写真、感謝のはがきをインドより発送、オンラインフォトアルバムへのリンク付Eメールをお送りいたします。

色やデザインは、写真と異なる可能性があります。

お届け予定日: 2015年1月
プロジェクトは終了しました
50,000シード
7/8

サプライズおみやげコース

サプライズおみやげコース

サプライズおみやげ(何が届くかはお楽しみ♪)、インドのキーホルダー1つ、チェブル村の子供の描いた絵と子供の写真、感謝のはがきをインドより発送、オンラインフォトアルバムへのリンク付Eメールをお送りいたします。

お届け予定日: 2015年1月
プロジェクトは終了しました
100,000シード
8/8

お名前プレートコース

お名前プレートコース

お名前が書かれたプレートを家の外壁に設置し、撮影した写真をお送りします。(プレート作成時間を考慮し、12月10日までの期間限定とさせて頂きます。)、サプライズおみやげ(何が届くかはお楽しみ♪)、インドのキーホルダー1つ、チェブル村の子供の描いた絵と子供の写真、感謝のはがきをインドより発送、オンラインフォトアルバムへのリンク付Eメール

お届け予定日: 2015年1月
プロジェクトは終了しました
To Top
お使いのブラウザではWESYMの全ての機能を利用することができない可能性がございます。
最新のバージョンにアップデートして頂くことで、より快適にご利用いただけます。