クラウドファンディング WESYM(ウィシム)は誰もが参加できる夢を形にする「プロジェクト支援プラットフォーム」です。「応援」「支援」「参加」して、あなたの夢を実現しましょう!

映画を通して発達障害のことをもっと知ってほしい!発達障害啓発週間プロジェクト。

映画を通して発達障害のことをもっと知ってほしい!発達障害啓発週間プロジェクト。

Project

応援されたシード

0シード
目標: 1,000,000シード

0%

Icon timer@14px応援期限

32

Icon supporters@14pxサポーター

0

募集期間
2017/02/23 〜 2017/04/23 23:59:59 (JST)

このプロジェクトはチャレンジ型です.

目標額を達成した場合のみミッショナーに支払われます

このプロジェクトについて

もっと多くの方に発達障害を知ってほしい!

発達障害は「見た目にはわからない障害」であるために、まだまだ偏見や誤解があり、

発達障害のある子供や大人、そして保護者の中には、辛い思いをしている方も多くいます。

今年1月に総務省から報告された「発達障害者支援に関する行政評価・監視結果に基づく勧告」では、

『発達障害者が「生きづらさ」を、その保護者が「育てにくさ」をそれぞれ感じることなく、
 日常生活や社会生活を営むことができるようにするためには、
 改正発達障害者支援法の成立を踏まえ、
 乳幼児期からの各ライフステージを通じた切れ目のない関係者による支援の充実のほか、
 発達障害に対する国民の理解の浸透を図っていくことが重要である。』 

と記載されているように、発達障害には、皆さんの理解が必要不可欠なのです。

 

私達の考え方

発達障害の特徴は「誰もが持っている部分」でもあることから、

発達障害の人たちの「困ってる」は、実は社会の「困ってる」だったりします。

つまり、発達障害の人たちの困ってるは、社会の課題を解決するきっかけとなるのです。

私達JDDnetは『発達障害の人たちが幸せになることは、つまり、社会を幸せにすることにつながる。』と考え、

理解啓発活動を行っています。

 

4月2日~8日は「発達障害啓発週間」

毎年4月2日は、国連が2007年に制定した「世界自閉症啓発デー」です。

世界自閉症啓発デー日本実行委員会では、4月2日から8日までを「発達障害啓発週間」と位置付けています。

この発達障害啓発週間に、私たちJDDnetは、発達障害のことを多くの方にもっと深く知っていただくために、

映画「みんなの学校」「シンプルシモン」を、『参加費無料』で映画上映を行います。

この映画を通して、発達障害の理解を深める機会となることを、切に願います!

 

 4月1日(土)、2日(日) 同時上映 

『みんなの学校』 『シンプルシモン』

東京ウィメンズプラザにて

参加費無料

イベント詳細:http://jddnet.jp/event/event170401/

 

『みんなの学校』 

すべての子供に 居場所がある学校を作りたい

 ~不登校も特別支援学級もない 同じ教室で一緒に学ぶ~  

(C)関西テレビ放送

ふつうの公立小学校。でもここでは、特別支援教育の対象となる発達障害がある子も、自分の気持ちをうまくコントロールできない子も、みんな同じ教室で学びます。

「あの子が行くなら大空には行きたくない」

「じゃあ、そんな子はどこへ行くの?  そんな子が安心して来られるのが地域の学校のはず」 (木村泰子校長)

すぐに教室を飛び出してしまう子も、つい友達に暴力をふるってしまう子も、児童と教職員だけでなく、保護者や地域の人もいっしょになって、みんなで見守ります。

 

学校が変われば、地域が変わる。そして、社会が変わっていく。

このとりくみは、支援が必要な児童のためだけのものではありません。「自分とは違う隣人」を思いやる心は、周りの子供たちから大人たち、地域、卒業した子供たちの周り・・・、そして社会へと広がっていきます。
映画は、日々生まれかわるように育っていく子供たちの奇跡の瞬間、ともに歩む教職員や保護者たちの苦悩、戸惑い、よろこび・・・。そのすべてを絶妙な近さから、ありのままに映していきます。

みなさんも、映画館で「学校参観」してみませんか?

 

『シンプル・シモン』

磁石と同じ。正反対だから惹かれあうんだ。

© 2010 Naive AB, Sonet Film AB, Scenkonst Västernorrland AB, Dagsljus AB, Ljud & Bildmedia AB, All Rights Reserved.

他人の感情がわからない!触られるのが嫌い!

アスペルガー症候群のシモンが大好きなお兄ちゃんのため、「完璧な恋人探し」に夢中になるうちに、気づいたこと・・・

スウェーデンカラーが織りなす色彩の中で、方程式という「特性」が、

コミカルに、ユーモアたっぷりに、でも現実がとても切なくも描写されている。

深い部分に響くシンプルな感動と、この現実世界においても、

偏見や差別を超えた可能性が限りなくあるのだと希望を与えてくれる映画です。
 

もっとみる

資金使途

  • 映画上映会場費(東京ウィメンズプラザホール使用料2日分) - 310,000円 × 1 = 310,000円
  • 映画上映費(自主上映基本料金) - 490,000円 × 1 = 490,000円
To Top
お使いのブラウザではWESYMの全ての機能を利用することができない可能性がございます。
最新のバージョンにアップデートして頂くことで、より快適にご利用いただけます。